公益財団法人横浜市シルバー人材センター

理事長あいさつ


横浜市シルバー人材センター理事長
浦川 秀登

日頃の皆様のご支援、誠にありがとうございます。

横浜市シルバー人材センターは、市内に居住する概ね60歳以上の方に、臨時的かつ短期的な仕事を通じて経験と能力を活用し働くことによって、自らの健康と生きがいの充実を図り、また、社会参加を通じて活力ある地域社会づくりに寄与することを目的として設立された公益財団法人です。
現在1万人以上の方が会員として登録し、就労、サークル活動、ボランティア活動等に取り組んでいます。

就労については、様々な仕事の中から、フルタイムではなく、自分のライフスタイルに合わせた時間で、生きがいをもって仕事をしています。
新しいことにチャレンジしたい方、例えば庭木の手入れに興味があって始めてみたい方への応援も行っており、初心者でも参加できる導入の講習も開催しています。

さて、近年では人口構造等が大きく変化しておりまして、地域の生活環境も大きく変化しております。特に人口減少や少子化の問題では労働人口が減少していくことが危惧されており、国におきましては、その環境の変化に合わせ、生涯現役で活躍できる働き方が検討されており、シルバー人材センターの機能強化が求められています。

今後とも、高年齢者の多様な就業ニーズに応じた新たな事業の開拓や、会員並びに就業機会を拡大し、地域活性化に貢献してまいりますので、皆様方の温かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ